会社概要

世界におけるシティ

シティは、国際取引を必要とするお客様のための卓越した金融パートナー、ウェルス・マネジメント分野のグローバルリーダーであり、米国市場で高く評価されているパーソナル・バンキング事業を展開している金融機関です。世界160以上の国と地域において、個人、法人、政府機関などのお客様に、幅広い金融商品とサービスを提供しています。

日本におけるシティ

シティは、100年以上前に日本に参入し、以来、政府機関、金融機関、事業法人、機関投資家など、日本のお客様のあらゆるファイナンスのニーズにお応えしています。法人・投資銀行業務、マーケッツ業務、資本市場業務、トレジャリー・サービス、リサーチなど、多岐にわたる商品とサービスをお届けしています。

シティのグローバル・ネットワークは、他に例を見ない広がりを誇り、革新的な商品とサービスと合わせて、シティならではの付加価値を提供し、お客様の成長を支援しています。

法人・機関投資家向けに包括的な金融サービスを提供

日本では法人・機関投資家向けの業務を行っています。その中心となるのは、コーポレート・バンキング(法人向け銀行業務)、インベストメント・バンキング(投資銀行業務)、マーケッツ&セキュリティーズ・サービス(市場業務)、キャピタル・マーケット・オリジネーション(資本市場業務)、トレジャリー&トレード・ソリューション(キャッシュ・マネジメントおよび貿易金融業務)です。コーポレート・バンキングとトレジャリー&トレード・ソリューションは、外資系金融機関としては日本最大級の規模を誇ります。

お客様との長年にわたるお付き合い

シティのお客様は、日本を代表する多国籍企業や金融機関から、機関投資家、政府機関、公的機関、さらに、日本に進出している多国籍企業や日本に投資しているグローバル機関投資家まで、多岐にわたります。お客様とのお付き合いは長いものでは60年を超え、日本企業の「海外でのメインバンク」という役割を担うなど、他の外資系金融機関とは一線を画す関係を築いています。

お客様のグローバルな活動を支えるネットワーク

シティは、真にグローバルな事業基盤を有する金融機関です。シティが事業を展開する国の数は、他の金融機関の追随を許しません。海外に進出する日本のお客様を現地でサポートするために設けられた「ジャパンデスク」は、現在13カ国にあり、進出先での事業展開、買収、投資などに関する支援を提供しています。シティの世界中を一つにつなぐ実績とノウハウは、国際的な視野を持って活躍する日本企業に、さらなる成功をもたらします。

沖縄でも20年以上業務を継続

1999年に那覇で業務を開始して以来、シティは沖縄で事業を展開しており、現在、オペレーションやテクノロジーなどの金融業務の一部を沖縄で行っています。現地での採用の強化などを通じて、今後も業容を拡充します。