ダイバーシティ

シティは、社員の多様なバックグラウンドや経験を認め、ともに尊重しあう、ダイバーシティに富んだ会社です。社員のキャリアやワークライフ・バランスを支援するさまざまなプログラムを用意し、ダイバーシティにかかる高い目標を自ら定めて、その達成に向けて揺るぎない姿勢で取り組んでいます。

2018年に実施した賃金水準に関する社内調査によると、シティの賃金は性別や人種による差がなく、ダイバーシティをリードする会社にふさわしい体制が整っています。具体的には、欧米各国のシティに勤務する女性は、男性に支払われる平均賃金の99%の額を受け取っており、米国のシティに勤務するマイノリティー(少数派)の社員は、マイノリティーではない社員に支払われる平均賃金の99%の額を受け取っていることが判明しました。

シティのリサーチによると、性別間の不平等を減らすことは、6%のGDP成長につながり、今後20年にわたって経済成長に寄与します。世界160以上の国と地域で事業を行い、多岐にわたる文化や視点を理解する人材が豊富であることは、グローバル企業としてシティが成長を続ける上での大きな強みです。シティは、これからも多様な背景を持つ社員に選ばれる企業となるためのさまざまな施策を積極的に導入していきます。

多様性のあり方について

さまざまなバックグランド、視点、経験を持つ、多様性に溢れる社員は、シティがイノベーションを生み、お客様に貢献するために欠かせない存在です。

2017年に策定したシティのダイバーシティ戦略は、若手から幹部まで全ての階層で多様性が尊重される文化の創出に重きを置いています。同戦略の一環として、女性やマイノリティーの採用と昇進も、目標を定めて推進しています。

社員もまた、多様性に溢れる職場を築くために、積極的にダイバーシティ活動に取り組んでいます。社内では、多くの有志社員が参加するアフィニティ・グループが活動を行っており、その活動内容と進捗状況は取締役会でもレビューされるなど、社員自らの手によるダイバーシティ促進の重要性が、シティ全体で広く理解されています。

英文での詳細はこちらをご覧ください。

1 シティグループ・インク 「ウィメン・イン・ザ・エコノミーll」 (2018年11月) Page 3
https://ir.citi.com/rxehymXStWqV7Y6S58ExJLPdJPjqZicwdoxqT%2Fc0qDsBMFxbL%2Fzc-JiG%2FgKE%2BRxwHcad8oQrgD1w%3D.

日本における取り組み

シティは、多様性が力の源泉であると考えています。多様な価値観や属性を尊重し、社員に選ばれる会社となり、社員が持てる力を十分発揮できる職場環境の整備に努めています。日本では35を超す国から集まった社員が、そのポテンシャルを最大限に発揮して、日々仕事に取り組んでいます。シティには、多様性に富み、エネルギーに溢れた職場環境が用意されています。

日本のシティでは、以下の国々の出身者が活躍しています。

日本

バングラデシュ

南アフリカ

ブルガリア

ベネズエラ

米国

ベトナム

ブラジル

フランス

カンボジア

韓国

アイルランド

ハンガリー

モンゴル

チュニジア

インド

中国

ニュージーランド

パキスタン

台湾

シンガポール

ドイツ

スリランカ

ナイジェリア

ドミニカ

英国

ロシア

カナダ

タイ

 

マレーシア

トルコ

フィリピン

カンボジア

 

オーストラリア

香港

アルゼンチン

スペイン

 

 

 

日本ではウィメン、プライド、ディスアビリティの3つを柱に活動を行っています。

ウィメン

日本を含む全世界で、女性幹部の登用を増やすべく取り組みを継続しています。また、女性社員への支援として、チャイルドケア関連の福利厚生を拡充するほか、就業規則の整備や、出産、育児、看護、介護など各ニーズへの対応を強化して、ワークライフ・バランスがさらに向上することを目指しています。毎年、国際女性デーには、社内で記念イベントを開催するなど、ジェンダーダイバーシティへの理解促進を進めています。

『女性活躍推進法に基づく行動計画』については、 こちらをご覧ください。

プライド(LGBT)

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(心と体の性の不一致)の分野に、日本でも注力しています。同業他社との情報交換やネットワークグループへの参加のほか、東京レインボープライドなどのイベントにも積極的に参加しています。外部識者を招いた勉強会を行うなど、LGBTの重要性についての社内啓蒙活動も進めています。

>> 今年のシティの『東京レインボープライド2021』の取り組みについて。

 

 

 

ディスアビリティ(障がい)

シティは優秀な人材を特定し、当社への理解を深め長期にわたり勤務してもらうという過程に、広い視野をもって臨んでいます。当社では障がいを持つスタッフを含め、幅広い様々なバックグランドを持つプロフェッショナルを雇用しており、優秀で多様性に富んだ従業員が在籍しています。また、障がいの有無に関わらず、すべての社員が相互の理解を深めらるよう、聴覚障がいを持つ社員による手話講座を開催したり、知的障がいのあるアスリートとスポーツイベントを楽しむなど、外部団体の協力等も得つつ様々なイベントを企画・開催しています。

『女性活躍推進法に基づく行動計画』については、 こちらをご覧ください。