Research調査本部

グローバルな金融市場で投資・運用を成功させるためには、客観性、判断力、洞察力が必要不可欠です。調査本部では、熟練したアナリストが投資決定の際に核となる財務データを調査分析し、その管理と情報提供を行っています。当社が行っている事業の多くはそれら財務データを基盤としており、当社ビジネスにおいて重大な役割を果たしています。

業務内容

調査本部のアナリストは、投資家が適切な投資判断を取れるよう、多元的な側面から投資判断に必要な情報を提供します。調査対象としている分野は、主に以下の5つのグループで構成されています。

自動車・機械・資本財/ライフスタイル/素材/TMT(テクノロジー・メディア・通信)/金融・不動産

アナリストは、これら業界の動向を把握し、投資対象企業の業界内での位置を推測した上で、詳細な財務分析を実施し、投資戦略を創造し、お客様に適切な投資機会を提案します。従って、アナリストは、投資判断に直結する各業界の高度な分析を専門的に担うことが求められます。当社では若手社員にも比較的早い段階で責任ある仕事を任す傾向にあり、各アナリストは、自身のキャリアプランに応じて、次のステップを目指すことができる環境です。

新卒向け研修プログラム

調査本部の新入社員は、入社直後から主要セクター・グループの1つに配属され、経験豊かなシニア・アナリストの直接的指導・監修の下、アナリストとしての実務経験を積みます。一定期間のOJTを経て、広範な業界知識やプロフェッショナルとしてのスキルを習得した後には、特定の産業を担当するジュニア・アナリストとして独立し、活躍をしていただきます。

部門社員の声