Corporate Banking法人金融部門

法人金融部門では、シティならではの広範囲な商品とサービス、およびグローバルネットワークを駆使して、多国籍企業を中心とした法人のお客様のフィナンシャルパートナーとして、国内外での成長をサポートしています。シティは特にキャッシュ・マネジメント、カストディー・サービス、外国為替において、主要な市場調査で常にトップクラスにランクされており、また、日本のシンジケート・ローン市場においてもトップクラスのファイナンス・プロバイダーとして位置づけられています。そして、ストラクチャード・ファイナンス分野においては、1980年代中頃以降、長年に亘って画期的なソリューションを多数の法人のお客様に提供し、市場における先駆的なリーダーとして重要な役割を果たしてきました。

業務内容

法人金融部門は、リレーションシップ・マネジャーからなるお客様別の営業担当のラインと、コーポレート・ファイナンスの商品・サービスの開発と提供にあたる商品ラインにより組織されています。双方のラインが一体となって豊富なソリューションを提供するとともに、シティのグローバルなネットワークのもと連携することでお客様の国内外グループ会社等との総合的なお取引関係が可能な体制となっており、これがシティの比類ない強みとなっています

営業本部 - リレーションシップ・マネジメント

法人金融部門の各営業部署は、事業法人営業本部、金融法人営業本部、公共法人営業本部、外資系企業営業本部およびコーポレートファイナンス・不動産本部の5つから構成されており、それぞれの営業本部がお客様固有のニーズに応えられる体制としています。自動車、エネルギー、通信、保険、公共機関等の顧客の各産業別に特化したリレーションシップ・マネジャーが産業動向や特性への深い洞察力を持って、最適な解決策を提供するとともに事業成長をお手伝いしています。

新卒向け研修プログラム

法人金融部門の新入社員は、入社研修後、部門内ローテーションやOJTを経て、部門のビジネスと機能を学びます。その後、約1か月に亘るシティの海外研修プログラムに参加し、銀行業務に必要とされる会計、分析、システム、法規制等の主要知識について、基礎から徹底的に学びます。

部門社員の声